ネット転売「せどり」ってどんなビジネス?

ネットを利用した副業の中でも、せどりは比較的初心者でも挑戦しやすいのが特長です。

ネット転売:せどりとは?

せどりとは転売のことで、利益のあがる商品を見つけて仕入れ自分にとって上手く利益が出るように転売を行います。

元々は古本を対象に行われていた商売ですが、現在ではその対象は古本以外にもホビーや日常雑貨、電気製品などにも広がり、幅広いジャンルを手掛けて副業を行っている例も多数存在します。

現在でもせどりといえばやはり一番の商品は、書籍関連でしょう。

大量仕入れを行う古本屋の場合、取り扱う本の一冊一冊の査定は、どうしても流れ作業になり、値付けも一律のものなりがちです。

しかし、実はそうして大量に買い取られ、大量に古本屋に並んでいる本の中には、あっと驚くような価値を持つ本も隠れています。。

せどりの醍醐味は、このお宝を発見し、高値での転売に成功することで、インターネットの発展により、副業としての転売・せどりも取り組みやすくなっています。

町の大型古本屋で仕入れた本をネットショップやネットオークションで販売すれば、日本全国から購入者が現れますので、商品は手元で保管し、購入が決定したら発送を行うのがネット販売の基本です。

より大量に取り扱う場合には、ショッピングサイトの倉庫に在庫を預け一括で送付や管理を行って貰う方法もあります。

この場合はショッピングサイトへ支払う手数料が必要になることや利益を生むうえでは大量に取り扱い、さらにコンスタントに売り上げをあげる必要があるといった条件はあるものの、販売手続きを任せてしまうことで、自分は新たな商品の発掘に手間をかけることができます。

多くの副業がそうであるように、勤勉さは成功のための秘訣です。

副業として見ればこの仕事は楽しみながら行えるという点にもメリットがあり、特に本やホビーなど‥取り扱いジャンルが好きな人にとってはストレスを感じずに続けることができます。

仕入れる商品の見極めにしても渋々行うのではなく、たとえば、仕事の帰り道にふらりと古本屋によって価値がありそうな本を探したり休日に遊びがてらにホビーショップに通うだけでも副業の一環となるのです。

商品の仕入れには、ある程度の目利きは必須となるのもののバーコードを撮影することで、本の相場を即算定してくれるスマートフォンアプリなども存在していることから、以前と比べればより素人でも参入しやすくなっていることは間違いがないでしょう。

転売やせどりに取り組む上でのデメリット

しかし、一方で挑戦しやすくなったからこそ、やりにくいという一面が存在するのも事実です。

ネットやアプリを使って誰でも挑戦できるということは、ライバルが増えることと同義でもあります。

古本屋に埋もれていた価値ある本はライバル達によって発見され自分が見つける前に購入されてしまうかもしれません。せっかく見つけた古本も、同じような価格で、あるいは自分よりももっと安くオークションに出品されている可能性もあります。

同じ戦場に参入したライバル達に先んじて品物を仕入れより安く、しかし利益が出るラインを見極めながら根付を行うことが成功へのポイントとなるでしょう。

自分が好きなジャンルを対象とすることで、元々持っている知識なども生かすことができます。

古本屋を覗くことが趣味ならば、さらに仕事としてやりやすくなりますし、膨大な古本の海の中には、価値のある一冊が案外埋もれているものです。

どうしてこんなところにこんな良い本が‥と不思議に思うような本があるのも、この業界の不思議なところなのかもしれません。

好きなジャンルを選べば楽しみながらの作業も可能となり、拾い上げたその一冊が利益となった時に、大きな遣り甲斐を感じることのできるのも魅力の一つになっているようです。

せどりなどのネット転売は仕入れ値より高く売れば、その差額が利益となる単純なビジネスで即金性も非常に高いです。

ちなみに、僕はネット転売の経験が少ないのですが、現在ではネット転売「せどり」に特化したツールやノウハウも数多く販売されておりますので、良いものがあれば今後紹介しますね。

一般的なアフィリエイトのジャンルは、失敗&挫折含め経験しています!質問や相談などあれば気軽に声を掛けて下さい。
https://kase-gu.net/?page_id=2
※メールは基本的に全て目を通し24時間以内に返信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です